読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le Journal de NICHE

ヨガと表情筋トレーニングインストラクターのブログです。

ウォーキングと片足立ちダイエット

ヨガ

前回ウォーキングによって片足立ちがかなりしやすくなった話を書きましたが、最近は片足立ちダイエットなるものがあるそうですね。

 

1分の片足立ちが50分のウォーキングに匹敵するという意見も。

 

床からまっすぐに立っていることで、姿勢がよくなり血液やリンパ液の循環が改善され、さまざまなダイエット効果が期待できるというものですが、個人的な感想を言えば、片足で体重を支えていることで骨にかかる負担がウォーキングに匹敵するため、同じような効果が得られるのだと思います。

 

無重力空間にしばらく滞在していた宇宙飛行士が地球に帰還した直後は、宇宙服の重みと重力とでなかなか歩行することも困難になります。

それに加え、重力のない空間では身体に負荷がかかることがないので、コラーゲンの吸収・分解が進み、骨密度が減少するということもあるそうです。

骨密度、骨の健康のためには軽い負荷をかけ続けること、気圧や重力程度でも有効なのだそうです。あくまでも軽い負荷です。

激しく負荷をかけ続けると身体を壊す可能性もありますのでご注意を。

 

 

 

ここで簡単に片足立立ちのやり方をご紹介すると、

 

① 床から5~10cm程度、片足を上げ、1分間キープします。

   呼吸は止めないように注意!

 

② 逆の足も同様に行います。

 

 

 

また、ヨガにも片足で立つポーズがいくつかありますが、もっともやりやすいのは、いわゆるヴリクシャ・アーサナ(立木のポーズ)です。こんなやつですね↓

f:id:mihoka8111:20160410090845j:plain

 

やり方は、

 

① 背筋を伸ばして床にまっすぐ立ちます。

 

② ゆっくりと片足に重心を移し、もう片方の脚を上げます。

 

③ 上げた方の膝を外側に開き、足の裏を軸足の足首の内側、

   膝の内側もしくは脚の付け根に押しつけます。

 

④ 軸足の方は上げた方の足の裏を押し返すようにして

   バランスを保ちます。

   (上げた方の足の裏と軸足とでお互いを押し合いますが、

    力いっぱいではなく50%くらいの力加減で)

 

⑤ そのままで1分キープします。呼吸はできるだけゆったりと。

   (手は、胸の前で合掌、頭上で合掌、頭上で指を組む、

    などから選んでください)

 

⑥ ゆっくりと上げていた脚を下ろします。

 

⑦ 逆の脚も同様に行います。

 

片足を上げた状態を1分キープするわけですが、

これができないという声をときどき耳にします。

 

片足でバランスが保てない理由はいくつか考えられますが、一つは脚の筋力不足。もう一つは足裏の筋力不足か足裏がきちんと使えていないこと。

 

この点はウォーキングによってかなり改善が期待できます。

もし片足で立てないという方がいらしたら、ウォーキングをしてみたらいかがでしょう!?

もちろんご自身の足に合ったシューズを履いて、ですが。