読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le Journal de NICHE

ヨガと表情筋トレーニングインストラクターのブログです。

5/7(土) 表情筋トレーニングレポート

表情筋

5月の二十四節記さんでの表情筋トレーニングは、「レッスン3~ほどよくシェイプされたほほ」でした。

 

ほほは、顔に占める割合が大きいので、顔の印象という意味ではカギとなるパーツ。

ほほのたるみは老け顔や疲れ顏の要因にも…。

 

そしてほほの上部は、通常は笑った時に上に上がっていく部分。

ただし作り笑いではそうとは限りません。

口角は上がって口もとは笑っているけど目が笑っていない、という状態では、ほほはあまり上がっていません。

 

よく「口角を上げていきましょう」とかいうフレーズを聞きますが、実際はほほが上がっていないと本当の笑顔ではないと受け取られ、印象が良くありません。

 

また近年、笑いと健康の関係性が研究されるようになり、笑うと免疫力が上がるという研究結果は有名なものとなっています。

その笑いの健康効果は、作り笑いでも期待できると言うことです。

 この場合の作り笑いのポイントは、ほほの上部と目の周りの筋肉が笑った時と同じ状態になっているかどうか、です。

目が少し細くなってほほが上がっていれば、脳は「ああ笑っているんだな」と判断し、本当に笑った時と同じように作動すると言います。

 

そこで、作り笑いで効果があるなら、表情筋のエクササイズでも効果が期待できるのでは…と思います。

 

Brill Hのメソッドでは、まぶしい時のように下まぶた引き上げて目を細めるものや、黒目の下に縦方向に走る筋肉、「上唇挙筋」を上に向かって引き上げていくもの、上唇の鼻よりの位置から目と耳の間にまで斜めに達する「小頬骨筋」を縮めていくものなどが該当すると思われます。

 

作り笑いは時と場合によってはマイナスな印象をふりまきかねませんが、表情筋エクササイズなら他人に迷惑をかけることはないはずです。

 

効果としては大きく分けて以下の3つ。

◆美容法としてしわやたるみ、血色不良などの予防、改善に。

◆豊かな表情と表現力で印象度を上げ、スムーズなコミュニケーション作りに。

◆免疫力アップなど健康法の一つに。

 

いずれも筋肉の柔軟性を維持、または改善していくことで期待できる効果です。

即効性はないかもしれませんが、続けていくことで内側から変わっていく心と身体を感じられることと思います。

 

興味のある方は、是非レッスンをのぞきにきてください。

無料体験レッスンやっています。

詳しくはこちら ↓

http://www.buildaniche.org/facial-exercise/

 f:id:mihoka8111:20160510183315j:plain