読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le Journal de NICHE

ヨガと表情筋トレーニングインストラクターのブログです。

メディテーション・ヨーガ・レッスン スタートします

              

f:id:mihoka8111:20161129234747j:plain

  

  ストレスをためて、発散して、また受けてはためる…いつまで繰り返しますか。

 

 仕事帰りに同僚たちと一杯

    あるいは

 ほしかったものを思いきってボーナスで「自分へのご褒美」

    もしくは

 一人カラオケで熱唱  

     などなど

 

 ひとそれぞれストレスの解消法があると思いますが、解消したかに見えたストレスもしばらく経つともとのもくあみ…ということはないでしょうか。

 

 知らず知らずのうちに受け続けているのがストレスです。身の回りに起こるうまくいかないことや厄介なことだけではなく、例えば暑い・寒い、うるさい、まぶしいといった身体への直接的な負担となることも含めると、実に様々なストレスの元(ストレッサー)が現代社会にはあふれています。

 

 そのストレッサーを全面的になくすことはほぼ不可能ですが、特に心理的なストレッサーに対する反応のしかたを変えることは不可能ではありません。

 

 このレッスンでは、古代インド発祥のヨーガのメソッドで、ストレスに対応していく方法をお伝えしていきます。

 

 レッスンは、アーサナと呼ばれるヨーガのポーズ、その後に呼吸法、最後に瞑想を実践しますが、瞑想(メディテーション)はアーサナの段階から始まっています。身体を動かしている最中に、自分の身体、自分の感情が今どうなっているかを観察していきます。自分で自分を観察するのです。「あ、今、太ももの前が伸びている」「胸を開いたこのポーズ、心地いいー」というようなことから始め、「明後日のプレゼン大丈夫かな…」「今日の晩ご飯どうしようかな…」というような思考や感情が浮かんできたことにも注目し、認識していきます。この作業は、その後の呼吸法や瞑想も同じです。

 

 この観察を根気強く続けていくと、自分を観察していてもあたかも他人を見るような眼で観察することができるようになっていきます。冷静で客観的な視点でとらえることができるようになるということです。その際に重要なことは、判断を加えずにあるがままを受け止めるということです。判断しながら観察していくと、物事への反応のしかたは変えることができません。判断というのは自分自身で作り出した判断基準にそって下されています。その判断基準が様々な物事への反応を生じさせています。反応を変えようとするときには、この従来自分が持っている判断基準をまずリセットすることが必要です。

 

 このレッスンでお伝えしたいメディテーション・ヨーガの効果は、大きく分けて以下の4つ。

 

 1.自分の感情へのアプローチが変わってきます

         f:id:mihoka8111:20161129231918j:plain

 いろいろな感情が浮かんでは消えていくのは自然なこと。感情を抑圧するとか持たないようにする、というのがヨーガの目的ではありません。ネガティブな感情が浮かんできたとしても、それに一つ一つ反応をするのではなく傍観する、このスタンスが重要です。その代わりに今の自分の身体と心の状態を観察する。感情に反応するのを少しの間止めて、観察するのです。その練習を根気強く続けていけば、どんな感情が生じてきても振り回されることがなくなっていきます。いわば、鳥の目線のように自分自身を俯瞰できるようになり、冷静でいられる立ち位置を見つけられるのです。

 

 2.ストレスのレベルが下がっていきます

         f:id:mihoka8111:20161129233153p:plain

 身の回りにあるストレスの元(ストレッサー)への反応を変えることで、だんだんとストレスと感じなくなっていきます。同じ状況のもとでもストレス反応を示す人と示さない人がいるのは、この反応のしかたが違うからです。

 

 3.思いやり深くなっていきます

        f:id:mihoka8111:20161201092842j:plain

 自分の感情を注意深く観察し、自覚することが習慣的にできるようになってくると、今までは見過ごしていた小さな出来事などにも意識が向けられるようになっていきます。その場の空気や周囲の人たちの気持ちの動きにもより敏感になるので、「あーあの人も心の中では今こんなことを感じているんじゃないかな…」「自分がこんなふうに感じるんだからあの人もそうかもしれない…」などと他の人の感情にも心が向けられるようになっていきます。その結果、共感力が高まり思いやりも生まれ、人間関係がより良好になっていくのです。

 

 4.集中力・創造力がアップします

        f:id:mihoka8111:20161129183649j:plain

 

 自分の身体と感情に意識を向ける練習を繰り返し続けていくと、日常生活においてもその集中力を持続することができるようになっていきます。集中力など脳の働きもトレーニングによって向上させられるという科学的な研究も進められているように、身体の筋トレとともに脳トレの重要性も最近ではよく耳にするところとなりました。従来の判断基準を一旦手放すことで視野が広がり、判断せずにただただ認識することで感受性が高まりここ!というときの集中力がひらめきを生むということは私自身よく経験していることです。

 

 もちろん、通常のヨーガの効果も期待できます。 

 

・幸福感が増し、身体の中から暖かいエネルギーが湧いてきます

 快楽物質とも呼ばれるβエンドルフィンが分泌されるという研究報告もありますが、ヨーガの後ではじわじわと満足感や充足感が湧いてきます。私自身もヨーガレッスンに通い始めのころに、レッスンが終わりに近づくとなぜか微笑が止まらなくなるということを体験しました。ヨーガの世界に興味を強く惹かれたきっかけとなった体験でした。

 

・身体のコリやこわばりの緩和、筋力維持やアップにも

 日常生活であまり使っていないような筋肉にもアプローチし、運動不足の解消にもつながっていきます。特にアーサナでは緊張と弛緩を繰り返し、双方の違いを認識するようにします。現代人は脱力するほうがはるかに難しいのですが、一旦負荷をかけた後に脱力をするため、力の入った状態と力の抜けた状態の落差から、脱力した状態を身体で覚えることができます。身体のリラクゼーションの第一歩です。

 

・血液・リンパ液の流れが促進されます

  筋肉を動かすことにより、血管やリンパ管がしごかれて循環が促進されます。血行不良から生じる様々な症状の緩和につながります。

 

デトックスにも効果があります

 筋肉に軽い負荷をかけることにより細胞と細胞の間(細胞外マトリックス)が刺激され、その部分にとらわれている毒素や老廃物の排出がしやすくなります。

 

・コラーゲン生成の活性化も期待できます

 身体中のいたるところに存在するコラーゲンですが、アーサナによって身体に軽い負荷をかけることにより、骨芽細胞という骨を形成したり一型コラーゲンを産出する細胞が活性化されるという研究結果もあります。

  

 これらの効果は、継続してヨーガを実践することで表れてきます。長く続けるためのモチベーションを持ち続けることはなかなか難しいですが、みんなと一緒だったら心強いですよね。そんな方は是非一度、教室をのぞきにきてください。

 

 

 【無料体験レッスン】

初回のみ体験レッスンとして無料でご参加いただけます。

             

 【スケジュール】

毎月 第3土曜日 16:00 ~ 17:00

【12月】  17日 

【1月】  21日 

【2月】  18日 

【3月】  18日 

受講料:¥1,500/1レッスン

持ち物:動きやすい服装、ヨガマットまたはラグ

場   所:Happy Spot (豊中市蛍池西町1丁目11-12 エスポアール1F)

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

お支払い方法などはお申し込み後にご連絡させていただきます。